Toyooka Kaban Artisan Avenue

Toyooka KABAN Artisan × design project

「鞄」の新時代、幕開け。
国内最大級の鞄の産地で、鞄職人と一緒に、鞄を作りませんか?

鞄のデザイナーを募集します

国内トップクラスの鞄産地・兵庫県豊岡市の鞄に特化した拠点「Toyooka KABAN Artisan Avenue」 では、
既存のジャンルや概念にとらわれない「新しい鞄」や、産地・豊岡を象徴する「豊岡らしい鞄」のデザイナーを
募集する「Toyooka KABAN Artisan × project」を実施します。

優秀作品は豊岡の職人の手で「鞄」に仕上げ商品化致します。
(鞄のデザインに携われているプロの方のご応募は、ご遠慮願います。)

優秀作品
(1点)
ロイヤリティ・販売契約
もしくは賞金30万円
1次選考通過の方は、交通費・宿泊費事務局負担で、鞄産地豊岡見学ツアーご招待

優秀賞1点を商品化致します。決定後、サンプル生産から商品完成に至るまでの期間、事務局または製造企業から、お電話またはメールで連絡を取らせていただきます。デザインだけで終わらず、商品化に至るまで、お付き合いいただける方を募集します。

国内トップクラスの一大鞄産地・豊岡は、日本の鞄文化と共に歩み、変化する時代のニーズ・トレンドに応じて様々な鞄を作り続けてきました。近年は、海外製品との熾烈な競争の中、大手ブランド等のOEM生産・大量生産で技術は鍛えられ磨き抜かれ、1点1点確かな製品力の高さで信頼を得ています。
また一方で、商標登録を取得した地域ブランド「豊岡鞄」をはじめ、豊岡の製造企業がそれぞれ異なる強み・特長を、高品質で個性ある産地のオリジナル製品として流通量を増やし、消費者の高い支持を得て、国内外へさらなるPR活動を続けています。

今回のプロジェクトでは、鞄という業界でお仕事をされているプロの方は、敢えてお断りいたします。「鞄」という概念にとらわれず、自由な発想を応募ください。あなたの発想をArtisan School の講師が、あなたとディスカッションしながら、「鞄」に仕上げます。また、様々な鞄を作り続けてきた多くの製造企業の中から、あなたの発想に合った製造企業を選び、商品化します。

独創性や先進性、鞄の新たな可能性、楽しくさせるアイデアを奮ってご応募ください。

豊岡市や鞄産業についての資料をご用意しておりますのでご覧ください。

こちらからPDFをダウンロードできます。

主 催
豊岡まちづくり株式会社 豊岡で生産された鞄を取り扱うセレクトショップ「Artisan Atelier」と、次世代の鞄職 人・エキスパートを育成する、鞄づくりの専門学校「Artisan School」が一体となったToyooka KABAN Artisan Avenueの運営会社。
参加費
無料
優秀賞1点 以下のいずれかの権利を授与します。
  1. 賞金30万円(ロイヤリティフリー)
  2. 賞金+販売数に準じるロイヤリティ契約
    販売開始後1年間の契約です。ロイヤリティは販売価格・生産数(初回生産)等を考慮の上、作者と主催者が協議し決定します。
  3. 受賞者との相互販売契約(②同様、作者と主催者が協議し決定します。)
選考基準
  • 独創性、先進性を考慮します。経験実績は不問です。
  • 商品化されていない発想のデザインを求めています。
  • 鞄産地豊岡の風土、歴史、文化を取り入れた、豊岡らしい鞄を求めています。
    (鞄企業で生産や企画に携わられている方は、申し訳ございませんがご遠慮願います)
審査員
中貝宗治
(豊岡市長)
由利總太郎
(前豊岡まちづくり株式会社代表取締役)
竹下嘉壽
(Toyooka KABAN Artisan School メイン講師、豊岡鞄認定審査会審査委員長)
山崎俊幸
(豊岡まちづくり株式会社代表取締役)
募集概要
  1. 一次審査
    応募受付 2019年8月1日(木)~9月15日 (日)
    結果発表 2019年9月下旬頃(Artisan HPにて)
    Artisan HP内の「応募用紙」をダウンロードの上、必要事項をご記入ください。
    以下、ご提出ください。
    1. 応募用紙
    2. デザインしたい鞄のイメージの簡単なラフスケッチ(書式不問)
    3. デザインしたい鞄の価値、特徴、コンセプトなどを文章にまとめてください。
       
    一次審査では、鞄や豊岡の知識は選考基準と致しません。
    斬新な発想・アイデアや想いをもって、奮ってご応募ください。
    5名程度の方を選考させていただき、ご連絡致します。
    応募者の方全員に選考結果をお伝え致します。
  2. 鞄産地豊岡見学ツアー
    一次審査通過された方は、鞄の産地豊岡を知っていただくため、豊岡へご招待し、鞄の製造現場、商品、豊岡の名所等を2日間にわたり見学いただきます。
    豊岡までの交通費・宿泊費は事務局が負担致します。
    (※海外からの参加の方は別途ご相談となります。)
    日程 2019年11月8日(金)~2019年11月9日(土)の2日間予定

    ーーーーーー 行程予定 ーーーーーー
    1日目
    午後過ぎ JR豊岡駅集合、鞄製造企業4社程度見学

    2日目
    カバンストリート、Toyooka KABAN Artisan Avenue 等鞄の街見学
    歴史ある城下町・出石、杞柳細工を知る・玄武洞、風情ある城崎温泉街と、舞台芸術を中心としたアーティスト・イン・レジデンスの拠点・城崎国際アートセンター見学
    15:30頃JR城崎温泉駅解散
    ※行程は変更する場合がございます。

    ツアーでは、職人の技術が求められるダレスバッグの製造工程や、厚みのある素材を縫製する特殊なミシン等、受け継がれる希少な技・道具の伝統から、コンピューターミシン、CADを活用した企画・生産の最先端まで、鞄づくりの現場をご覧いただきます。また、現存する貴重な柳行李・柳細工から、素材にこだわり美しい縫製で仕上げた、現代のMade in Toyooka の名品をご覧いただき、産地豊岡ならではの、新しい鞄を創造してください。
  3. 二次審査
    視察後、鞄デザイン画を提出願います。
     提出日 2020年1月10日まで
    • 形式は手書き、データどちらでも構いません。
    • 寸法、色、素材(イメージでも可)を必ず明記してください。
    • 未発表のオリジナル作品に限ります。模倣と疑わしき作品は資格を取り消します。
    • 1次審査の選考基準と必ずしも整合するものではありません。豊岡を視察いただき、新たなイメージをデザインに落とし込んでいただいても構いません。
    • 応募方法の詳細については、視察時にお知らせ致します。
著作権の取扱い
  • 大賞作品を除く、応募いただいた図案は主催者側が管理し、著作権・使用権は、二次 審査終了後、作者に帰属するものとする。
  • 二次審査時においては、作者の許可を得た上で、応募図案を公表する場合がある。
  • 大賞作品は、製品化にあたり、作者の許可を得た上で、図案を元に主催者側で鞄のサンプルを作成する。図案及び鞄のサンプルの著作権・使用権・商品化に関する権利は主催者が有するものとする。但し、作者と相互販売契約を結ぶ場合に限り、著作権及び商品化に関する権利は、期間等詳細を双方で協議の上、販売契約書を締結する。
応募用紙ダウンロード

こちらからPDF・Wordの応募用紙をダウンロードできます。

メールでのご連絡先、応募用紙の発送先
メール
shop@artisan-atelier.net
郵送
〒669-0033 兵庫県豊岡市中央町18-10
Toyooka KABAN Artisan Avenue
「Toyooka KABAN Artisan × design project 」事務局まで
お問い合わせ

上記メールアドレスまたは、

0796-34-8118 design project 担当まで